ね。くまくまちゃん。

2017012915282207e.jpg


くまくまちゃんは高橋和枝さんのちいさなえほん。


7年ほど前の長谷川書店にも並んでいたくまくまちゃん。
ひさしく品切れになっていたものが
このたび新作とあわせて、ほんのり新しくなって帰ってきました。
(おかえりなさい、くまくまちゃん。)

しずかであたたかい本だなぁと思って、
品切れのあいだも古本で手に入れたり、
いただいたりしたものを枕元において
何かの折にふとひらいていていた日々。
だから、とくべつうれしい復刊でした。



こんなはじまりです。


ぼくの大好きなくまくまちゃんは、
山奥の小さな一軒家に住んでいる。


遠くて少し不便な場所だ。



くまくまちゃんは不便なところに住んでいるようです。
なにかきもちのいいところだと思いませんか。

ケイタイの電波だってきっととどきませんよね。
テレビもないんじゃないかな。
雨の音は、昼の日差しは、夜の帳はどんなふうだろう。
くつくつとお湯が沸くおとなんか想像してしまいます。

でもそれは
いつだっていまここにあるもののようにも。


くまくまちゃんを
つれてかえってみてはどうでしょう。

うんうん
手に入れたことをツイートしなくっていいんです。
ゆうごはんをたべて
おふろにはいって
まだ出せてないゆうじんへの寒中お見舞いを書いたり
(もう少し待ってね)
読みかけの本を読んだり
きょうあったことを思いかえしたり
洗濯物をのんびりたたんだり

スマホもテレビもその日はお休みしてもらって
枕元で
山奥のくまくまちゃんを訪ねる
ただそれだけ




そんな日が
どれほどしあわせか
そんな日が
いちにちでもおおかったらいいなと思っています。


くまくまちゃんは
高橋さんからのお手紙のような本だと思い
いっさついっさつ
高橋さんにサインをそえてもらいました。

みなさんにもくまくちゃんのようなじかんがお届けできたらうれしいです。




くまくまちゃんのいえ、は

だいすきなひとに

たいせつなひとに会ううれしさ

ただ、一緒にすごすしあわせをおもいながら。



そして

今回あたらしくかかれた

くまくまちゃん、たびにでる、では

、、、

たいせつなひととの別れも描かれています。

そんなとき

ぼくたちはどうやって過ごしたらいいのだろう。




ね。くまくまちゃん。

Trackback

Trackback URL
http://walkingreader.blog60.fc2.com/tb.php/534-541a6e04

Comment

Comment Form
公開設定

TweetsWind
new
リンク
カテゴリ
人 (0)
長谷川書店 水無瀬駅前店

075-961-6118
OPEN
 平日 10:00〜
CLOSE
平日〜22:00
<土日祝 短縮しています>

月別
検索フォーム
RSSリンクの表示