スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森元暢之原画展 『長谷川書店でポロリ』 2016年1月19日~2月28日

森元さんチラシ

◆森元暢之原画展 『長谷川書店でポロリ』
2016年1月19日(火)~2月28日(日)
長谷川書店水無瀬駅前店で漫画家・森元暢之さんの原画展を開催します。

2014年冬に刊行された「森元暢之作品集(1)『ぴあ』の時代Ⅰ」。1992年から1994年まで『ぴあ 関西版』に掲載されていた漫画51話を収録した作品集から、掲載作品他原画の数々を展示します。2016年はじめに刊行予定の2巻に収録の原画もポロリと見せます。

当店店員もまだ現物は見ていないのですが、原画は修正のない緻密で完璧なものだそう。今から見るのが楽しみでなりません。書籍を購入された方にもぜひ実物をご覧いただきたいです。

現在発売中の1巻と、2015年はじめに発売予定の2巻も当店で販売いたします。
森元さんのファンの方も、「ぴあ」連載当時に愛読されていた方も、ぜひこの機会にご来場ください。


さらに 1月30日には
大寒紙芝居

森元暢之さん自作の紙芝居を、たらすな氏のギター伴奏付きでご本人が演じる
◆森元暢之紙芝居 『大寒紙芝居の夜』
2016年1月30日 19:30開演(終了は21:30頃)
木戸銭 1000円
「『ぴあ』の時代Ⅰ」では控え目だった森元暢之漫画の耽美でエロチックな世界が紙芝居で表現されています。たらすなさんの抒情的なギターと森元さんの迫真の語りが見どころです。

一年ほど前に「子どもが見たら泣くような紙芝居」という話を聞いてどのようなものなのだろう…とドキドキしながら森元さんの紙芝居を見に行きました。確かに泣くかもしれません。お誘いくださった方が「森元さんは存在自体が芸術」とおっしゃっていたのですが、紙芝居を見ればきっとそれがお分かりいただけると思います。

当日は紙芝居を絵葉書にした絵葉書の販売もございます。セットでご購入いただくとご自宅でも紙芝居ができるように別紙ナレーションがついているという驚きの商品です。

ぴあ掲載の漫画を読まれてほかの作品は未読という方は、こちらからも少し読むことができます。↓
http://ideanews.jp/archives/2603
http://ideanews.jp/archives/2240

また、ただいま絶版になっている「Nobaraーオチンポ博士の以上な愛情 森元暢之作品集」(凄まじいタイトルですね)をお隣大山崎町にある書斎カフェ Secret Guardian Ⅱさんに置いてもらっています。お読みになったことのない方はおいしいお茶とともにお楽しみください。こちらのお店も妖しい雰囲気に入るのを躊躇われる方がいらっしゃるようですが、大変気さくなメイドさんがお迎えして下さるのでどうぞご安心してお訪ねください。

Secret Guardian Ⅱ
不思議な図書館 書斎カフェ
京都府乙訓郡大山崎町大山崎茶屋前2-7
定 休 日:日、月曜日
営業時間:11時〜20時
詳細はホームページかブログでご確認ください。↓
http://www.kyoto.zaq.ne.jp/dkjiz106/
http://secretg2.exblog.jp/

Trackback

Trackback URL
http://walkingreader.blog60.fc2.com/tb.php/524-7f6b1f7f

Comment

Comment Form
公開設定

TweetsWind
new
リンク
カテゴリ
人 (0)
長谷川書店 水無瀬駅前店

075-961-6118
OPEN
 平日 10:00〜
CLOSE
平日〜22:00
<土日祝 短縮しています>

月別
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。