FC2ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入荷した本 最近読んでよかった本


今月号のかがくのともはブスッと穴があいとります。
こういうのに弱い。
とりあえず指いれましょう。
稲垣 足穂の「人間人形時代」、天野祐三らの「のぞく」のひひひ孫(?)穴本です。
穴はないけどさわるめいろもおすすめしたい。

020205.jpg
くとうてんさん発行の「ほんまに」を置かせてもらっています。
海文堂書店さん閉店後も地元神戸を中心にこうして手に取る事ができます。
バックナンバーもいくつか仕入れましたがどれも面白いです。
発行続いて欲しいのです。

020301_20140204082014358.jpg
益田ミリ最新作は「みちこさん英語をやりなおす」(ミシマ社)

020310.jpg 020312.jpg 020314.jpg
福永信「星座と文学」。ぱらっと見ましたが面白かったです。

020311.jpg 020203.jpg 020202.jpg
丸山健二「千日の瑠璃」 あいかわらずものすごい筆力です。いつか挑みたい。


020204.jpg
「こんな夜はハグしてほしい」
歌代房江/著 (文芸社)

大阪生まれの著者による入院うれし泣きエッセイ。
こちら闘病エッセイにあらず
ひょんなことから旅先で入院することからはじまるてんやわんやな日々に
心にすとんと響く短歌を織り交ぜた、ここちよいテンポのエッセイになっています。
装画は島本のご友人によるもの。
そういった地元の縁もあり読ませていただいたのですがとてもいい本でした。

動物を飼われている方や、身近に入院経験のある方たくさん共感できると思います。
映画の話、音楽の話、家族愛もたっぷりあります。
タイトルの通りの、帯のとおりの本です。
プロの作家ではなくても声に出したいいい言葉がたくさん。
是非手にとってみてください。







020313.jpg

「ラヴ・レター」
小島信夫/著(夏葉社)
昨年末に刊行された老作家、最晩年の短編集。

(わけのわからない感想はこちら↓)
(雑音になるかもしれませんのでそういう方はパスしてください!)
最初どこから読んでいいのか戸惑った。どうも
とりつけない気配を感じたのだ。
とりあえず表題作を手がかりにページをめくっていくことにしたが違和感は漠然と膨らみ続けた。
めまいがする。読んでいるのか、読んでいないのか。
確かに何か強くめりこんでくるのだが、それが何なのかわからないが、わかる。
なんだこれは、とツイッターで読者の反応を見ると、明確な言葉はないが
自分が感じている違和感は間違いではないようだった。

幾つか読み進むうちに、このいいようのない世界が自分なりに捉なってきた(ような気がする)
そしてその凄みの虜になっていく。
巻末のあとがきにかえて堀江敏幸さんが小島信夫の世界を言語に置き換えている。
さすが、なるほどと感心したけれど、僕は自分が感じたもやもやが一番ピタリとくると思いたい。
それぞれの中に小島信夫の世界を感じるのだろうなと
あたりまえのことを思ったのだ。

しょうもない感想を書いて邪魔をしたけれど
興味のある方は是非読んでみて欲しい。
こんな読書もあるのかと僕なんかは一人で森に踏み込んだ思いでいまも読んでいます。
道もあてもなく。

小島信夫さんがご存命でない事が
いまさらとても悲しい。

Trackback

Trackback URL
http://walkingreader.blog60.fc2.com/tb.php/499-0e059ee9

Comment

| | 2014.02.21 18:05
このコメントは管理人のみ閲覧できます
大山崎の図書カフェの女給 | URL | 2014.03.02 10:36
雑誌に、
1ページまるまる、
「大好きな長谷川書店」様がお兄様の全身姿とともに掲載されたため、
当、図書カフェ内で女性客同士、
わーわー、きゃーきゃー言って、
毎日眺めています。

本当に希少で良質な「本屋さん」が、
この水無瀬にあって良かったと皆で感動しております。

これからも
お体を無理しない程度に
素敵な書店様であってくださいませ。
長谷川 | URL | 2014.03.04 02:51
いつもありがとうございます。
はやく図書カフェに遊びに行きたいです。
ほんとにすみません!
Comment Form
公開設定

TweetsWind
new
リンク
カテゴリ
人 (0)
長谷川書店 水無瀬駅前店

長谷川

075-961-6118
OPEN
 平日 10:00〜
CLOSE
平日〜22:00
<土日祝 短縮しています>

月別
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。