FC2ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおきな ちいさな まちの本屋

0512e.jpg

宮脇書店西淀川店、6月15日閉店。

僕がお邪魔した時はいつもお客さんでいっぱいでした。
絵本を手にした親子連れ、一人で来るおじさん、学生さん、熱心に実用書を選ぶ若い女性、と
ここは地域の人々にとって大切な場所なんだなぁと、ちょっと羨ましく見ていました。
それが5月になって突然の閉店の知らせでした。(理由は売上ではないとのことです。)

懇意にしていただいている文庫担当Sさんに出迎えてもらった後、店内を粘粘と見てまわりました。
どうしても見たかったところを見終え、ぶらぶら回遊しているとあっちにもこっちにも人がいて、それぞれが本を開き、屈みこんで本を探す光景に自然と目がいっていることに気が付きました。
ぼんやり見ながら
まちの本屋ってこういうことだなとあらためて知らされる思いでした。

Sさんは閉店に落胆するばかりではなく全力で頑張っていると仰っていました。
手入れされた本棚のなかでも「さいごのおすすめ本7冊」からはいっそう強い気持ちを感じました。

こういう場所はなくなってはいけないというのが僕の思いですが、
西淀川店が紡いできたものが
お店の方や訪れた客ひとりひとりの中に様々なかたちで種となり
あらたな場所での本と人との出会いに繋がっていくことを
願わずにはいられません。


アクセス

JR大阪からJR尼崎へ、
そこから東西線に乗り換えて2駅
0512a.jpg
大阪府大阪市西淀川区御幣島(ミテジマ)に到着。
0512b.jpg
駅のある地下から地上に出て、大きな通りを2、3数歩くと
「宮脇書店」の大きな看板が現われます。
0512d.jpg
雲ひとつない青空もどこか静かな日でした。
0512c.jpg
わき道に目をやると、下町感ただよう路地。
この眺めが好きでした。

宮脇書店西淀川店
所在地:大阪府大阪市西淀川区御幣島2-15-24
2013年6月15日まで営業予定。





<日々>
先日は
紀伊国屋書店グランフロント店にも立ち寄りました。
僕が抱いていた都心の大型書店のイメージとはことなり
どこかおだやかな居心地。
スピード感のある本だけでなく
ゆっくり見られるところに本の本のコーナーがあったり、
本好き、本屋好きが立ち止まってしまう棚が随所にあるように思いました。
本、楽しんでください。
そんな声が聞こえてくるよう。
うまれたばかりの「大きなまちの本屋」に出会いました。
まだはじまったばかりということを考えると
これからどうなっていくのか。
わくわくして帰りました。


その1週間ほど前には
本は人生のおやつです(←店名です。通称本おや)さんにもお邪魔しました。
閉店後に店主の方とお話できる席に寄せていただいたのですが
まあ、楽しくて誠実な人でした。
本にもお客様にも、本当に誠実で、愛があります。
この人から、こういう人から本を買いたいと心から思いました。
この日、本おやさんで買った井伏鱒二が僕にはとにかく面白くて
また店頭などでご紹介したと思っています。


出不精の僕にしてはめずらしくうろうろして本屋さんに行きました。
(たまには勉強しないと本当に蛙になってしまいますね)
お邪魔したところは大きくても小さくても、まちの本屋さんでした。

宮脇書店さんのことが
うまく言葉に出来なくて、報告が遅くなってしまいました。(反省)
6/15までですので、ご縁のある方は御幣島ぶらりと立ち寄って下さい。

Trackback

Trackback URL
http://walkingreader.blog60.fc2.com/tb.php/477-d2ae4bba

Comment

Comment Form
公開設定

TweetsWind
new
リンク
カテゴリ
人 (0)
長谷川書店 水無瀬駅前店

長谷川

075-961-6118
OPEN
 平日 10:00〜
CLOSE
平日〜22:00
<土日祝 短縮しています>

月別
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。