FC2ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早くうちへ帰りたい

0506d.jpg
泣いた。
説明の付かないものが胸のあたりをしめつけて涙が止まらなかった。
いのちの理は理不尽だ。こんなものだと誰がいえるのか。
立ち尽くしたり、遠い空を、なにもないくうを見ながら
ページをめくる手はとまらず
涙もとまらない。

感情のかたまりのようになったときふと気がついた。
ただよう気配。ちいさなぬくもり。哀しい。とは違うのだ。

僕はこれからも言葉にできないままなんども読み返す。
そして父と子の笑い声がききたい。



「早く家へ帰りたい」 高階杞一/著(夏葉社)
 腸に障害を負って生まれてきたこどもとの4年弱の日々を
 詩人である父が綴った愛の詩。

高階 杞一(たかしな きいち)
 1951年、大阪市生まれ。
 大学在学中よりより詩作を始める。
 現在、神戸市在住。

0423g.jpg
夏葉社さんから教わり今でも大好きな一冊
「レンブラントの帽子」(バーナード・マラマッド/著 小島信夫/訳 浜本武雄/訳 井上謙治/訳)もついに増刷されました。
近頃小説が読めていないという方にも(こそ)きっと楽しんでいただけると思います。(と友人とうんうん言っていました。)
心の中に小さな波紋をつくる本当に珠玉の短編集ですこの機会に是非読んでみてください。


0506b.jpg
「せんはうたう」
 詩 谷川俊太郎 絵 望月 通陽 (ゆめある舎)

「せんはうたう」は谷川惠さんがひとりではじめられた出版社(ゆめある舎)のはじめての本。
出版社をたちあげるきっかけとなった望月 通陽さんの空気の気持ち?のような、光のような絵に谷川俊太郎さんがつけた詩がすばらしくて絵も詩もほんとうにたまらない。
箱入りで装丁も愛らしく、本の仕事していてよかった~と、とにかく(僕には)たまらない詩画集です。
初回、それほど取っていませんので(田舎書店ですが)お早めに。


0423c.jpg 0423a.jpg 0412.jpg 0428g.jpg
「とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢 ジョイス・キャロル・オーツ傑作選」
   ジョイス・キャロル・オーツ/著 栩木玲子/訳 (河出書房新社)
「「幸せ」の戦後史」 菊地 史彦 (トランスビュー)
「今日」
 伊藤比呂美/訳 下田昌克/画 (福音館書店)
「中谷宇吉郎の森羅万象」  LIXIL BOOKLET(LIXIL出版)
 寺田寅彦に師事した雪の科学者中谷宇吉郎 ミニコーナー。
0428h.jpg 0428i.jpg 0428e.jpg
「りんごかもしれない」  ヨシタケシンスケ/作 (ブロンズ新社)
  ヨシタケシンスケさん本領発揮です。
「スペクテイター VOL.27」
  特集”小商い” (エディトリアル・デパートメント)
「マールとおばあちゃん」  (ブロンズ新社)
 ティヌ・モルティール/作 カーティエ・ヴェルメール/絵 江國香織/訳
 カーティエ・ヴェルメールの絵の美しさに惹かれるけれど物語りもいいですよ。

0428c.jpg 0428b.jpg 0423b.jpg
「忘れられない日本人移民 ブラジルへ渡った記録映像作家の旅」 岡村淳 (港の人)
 ブラジル在住のドキュメンタリー映像作家 岡村淳が現地で出会った6人の日本人移民の人生を描いた記録文学。
「やじるし」 平田利之/作 (あかね書房)
 やじるしの先ってつい追いかけてしまう。これはこどももはまりそう。

※リクエストポスト復活しました。
  すでにいくつも。けっこう反映されてます。いっしょんなって店作りできたら嬉しいです。


<日々>

「早くうちへ帰りたい」が届いてからもう何日たったのか。
こんなに時間があったのに、まともに紹介も出来なかった。
言葉に出来ないというために費やしたぶさいくな時間です。
うまくは言えませんでしたが
たいせつな想いが綴られた本です。
是非ご覧になってください。

「早くうちへ帰りたい」は1995年の偕成社版からの復刊でした。
挿画は当時も今も望月 通陽さんによるものです。
そして今日届いたゆめある舎さんの詩画集もまた望月 通陽さん。
望月 通陽さんのせんはうたうのあとがきがほんと可笑しいです。
たまらない。

Trackback

Trackback URL
http://walkingreader.blog60.fc2.com/tb.php/476-4afd3da9

Comment

Comment Form
公開設定

TweetsWind
new
リンク
カテゴリ
人 (0)
長谷川書店 水無瀬駅前店

長谷川

075-961-6118
OPEN
 平日 10:00〜
CLOSE
平日〜22:00
<土日祝 短縮しています>

月別
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。