FC2ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい本 と イベントのお知らせ

0303c.jpg
「雲のうえ 一号から五号」
北九州市にぎわいづくり懇話会/編 (西日本新聞社)

2006年に福岡県北九州市を発行人として創刊された無料情報誌「雲のうえ」。
編集委員は、小倉出身の画家・牧野伊三夫、アートディレクターの有山達也、編集のつるやももこ。そこに毎号、新たな執筆者や写真家を加えながら、無料誌とは思えないつくりで北九州の魅力を伝えている。
一時発行部数を減らし存続の危機も経験した本紙は「雲のうえのしたで」という「雲のうえ」を応援するフリーペーパー、サイトが登場するなど、北九州を愛する人のみならず
本紙自体を応援する多くのファンを獲得している。(「雲のうえのしたで」も是非手に入れて欲しいです。)

0303f.jpg 0303e.jpg 0303d.jpg 0303b.jpg
「路上と観察をめぐる表現史」 広島市現代美術館/監修 (フィルムアート社)
「ひとりごと絵本」 100%ORANGE/著(リトルモア)
「ダーチャですごす緑の週末 ロシアに学ぶ農ある暮らし」 豊田菜穂子/著(WAVE出版)
「TURNS(ターンズ) 2013年4月号」 特集:地方で夢をかなえた人々

0225k.jpg
「さわるめいろ」 てんじつきさわるえほん
村山純子/著 (小学館)

点字の線をさわってたどり、迷路を楽しむ絵本。
本書が全盲の方、弱視の方向けに限定せず
目の見える大人から子供まで楽しめることに注目したい。
目を閉じて辿ってみると指先に感じる凹凸の世界の新鮮さに驚くと同時に
全盲、弱視とはどういうことなのか想像させられる。
子供の頃、デコボコした黄色い線を目をつむって歩いたあの時のように。
手ごたえを増す迷路の数々に、あなたの感覚とイメージで挑戦してみて下さい。

0225j.jpg 0225i.jpg 0225h.jpg 0225g.jpg
「台所のニホヘト」 伊藤まさこ/著(新潮社)
「食べることも愛することも、耕すことから始まる 脱ニューヨーカーのとんでもなく汚くて、
     ありえないほど美味しい生活」 クリスティン・キンボール/著(河出書房新社)
「題未定 安部公房初期短編集」 安部公房/著(新潮社)
「自選谷川俊太郎詩集」 谷川俊太郎/作(岩波文庫)
0225f.jpg 0225e.jpg 0225a.jpg
「店員」 バーナード・マラマッド/著 加島祥造/訳(文遊社)
「ザ・万字固め」 万城目学(ミシマ社)   地元大阪の話も!
「こころ Vol.11」 特集:21世紀の海外文学を読もう! アメリカ文学編
0225d.jpg
「やさしいおだしの教室」
森かおる/編著 (光村推古書院)
隣町、大山崎町、生活雑貨と暮らしの教室「Relish」主宰、森かおるさんの最新レシピ集。




◆ イベントのお知らせ

0225b.jpg
高橋和枝 原画展 
だれかさんの かばん と だれかさん

絵本・古本・雑貨のお店 おひさまゆうびん舎さんで高橋和枝さんの原画展があります。
開催期間は 3月1日(金)-4月29日(日) とたっぷりですが
3月22日(金)にはまるごと高橋和枝さんなイベント(要予約)もあるとのこと!
予約などくわしくはブログをご確認下さい。

おひさまゆうびん舎
兵庫県姫路市本町68(2F)


0225x.jpg
ブックロア、畑尾和美さんからイベントのご案内などいろいろ届きました。
ソーイングギャラリーの個展、岡山県451BOOKSのフリーペーパー、「zine展―それぞれの本のかたち2」、そしてBOOKLOREより詩集「言の森」を出版している奈良の詩人西尾勝彦さんと、ブックロアの畑尾和美さんの朗読会「言の森ー西尾勝彦・畑尾和美朗読会」
店頭に並んでいたものですが現在イベントはすべて終わっております。
遅くなってすみません。ブログでの紹介、間に合うようにしなければ。
それにしても、ちいさな動物が届けてくれたような素敵な包みでした。

Trackback

Trackback URL
http://walkingreader.blog60.fc2.com/tb.php/470-b8ec4000

Comment

おひさまゆうびん舎 | URL | 2013.03.04 12:16
わぁ!すみません!色々書いていただいてありがとうございます☆嬉しいです!高橋さんにもおつたえしますね☆
そして、面白そうな本が沢山ですね!また遊びに行きたいです☆
長谷川 | URL | 2013.03.05 02:26
その節は遠い遠いところをお越しいただいてありがとうございました。何のお構いもできず、ただうろたえているだけですみませんでした。不得手なことしてはいけないと反省しております。さて、原画展の期間中に、おひさまさんに遊びに行きたいと思っています。絵本が好きなので、あれもこれもと目移りすることを今から楽しみに(心配)しています。笑 
タカハシカズエ | URL | 2013.03.05 10:04
告知いただいて、ありがとうございます!

それから、お礼が遅れてしまいましたが、『作家』をありがとうございました!

絵本が入っていることに、すこし遅れて気がついたのですが、何度もお便りするのも重たく感じられはしないだろうかとちょっと気がひけてしまって、この場をお借りしてのお礼になってしまって申し訳ありません…
ゴフスタイン、大好きな作家なので、箱から現れたとき大感激しました。『作家』は、以前は所有していたのですが機会があって人に差し上げてしまって、今は持っていなかったのです。
長谷川 | URL | 2013.03.17 05:07
お礼なんてとんでもないです。こちらこそありがとうございます。
Comment Form
公開設定

TweetsWind
new
リンク
カテゴリ
人 (0)
長谷川書店 水無瀬駅前店

長谷川

075-961-6118
OPEN
 平日 10:00〜
CLOSE
平日〜22:00
<土日祝 短縮しています>

月別
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。