さよならのあとで 高橋和枝さん原画展

高橋和枝さん原画展C

     『さよならのあとで 高橋和枝さん原画展』
           12/27~1/13  島本店にて開催中


 詩集『さよならのあとで』 のために描かれた
 高橋和枝さんの原画を展示しています。
 本書に未収録のものや、ラフスケッチもご覧いただけますので
 一篇の詩から生まれたやさしい世界をお楽しみください。

 
※原画はすべてご購入いただけます。
 高橋和枝さんの絵本、夏葉社の書籍も是非ご覧ください。
 


       
            さよならのあとで

一編の詩『さよならのあとで』を読んで何を想うでしょうか。
遠い日に別れた家族、友人、祖父や祖母。
今まさに悲しみの只中にいる方もおられるかもしれません。
大切な、愛する人との別れは誰にでも訪れます。
東京吉祥寺で出版社をされている島田潤一郎さんもまた
そのひとりでした。
大好きだったご親戚に先立たれ悲しみに暮れたという島田さんは
ある一編の詩に出会い救われたと言います。
それが「さよならのあとで」の原書となる、
英国教会の神学者ヘンリー・スコットホランドによる詩
”death is nothing at all”でした。
やがてこれを一冊の本に残したいと思うようになった島田さんは
自ら出版社を立ち上げられました。
絵を担当したのはイラストレーター・絵本作家の高橋和枝さん。
この本が生まれるまで2年半もの間、お二人の間には無数のやり
とりが繰りかえされ、描かれた絵は100枚以上もありました。
今回はその中から、12枚を展示しています。
あたたかな絵と詩がやさしい時間を思い出させてくれます。



前述の通り1月13日(日)で会場となる島本店は閉店するわけですが
最後の最後に、こんなにやさしい詩集と原画を展示させていただくことができました。
島田さま、高橋さまには心からお礼申し上げます。
ひとりでも多くの方に見ていただけることを願っております。


         <年末年始 営業日など>

        島本店             駅前店
12/31(月) 10時半ごろ~19時ごろ   10時半ごろ~19時ごろ

 1/1(火) 休み(展示お休みです)   .12時ごろ ~18時ごろ
 1/2(水) 11時ごろ~18時ごろ     11時ごろ~19時ごろ
 1/3(木) 11時ごろ~18時ごろ     11時ごろ~19時ごろ
 1/4(金) 10時ごろ~19時ごろ     10時ごろ~20時ごろ
 1/5(土) 14時ごろ~17時半ごろ   .10時ごろ~20時ごろ
 1/6(日) 通常祝日営業

 1/7(月) 通常営業
  :
 1/13(日)10時~ 閉店まで       10時ごろ~16時ごろ
      16時ごろ~18時ごろ
      ちいさな閉店の会
      『島本店の昔ばなし』

Trackback

Trackback URL
http://walkingreader.blog60.fc2.com/tb.php/465-973a6258

Comment

Comment Form
公開設定

TweetsWind
new
リンク
カテゴリ
人 (0)
長谷川書店 水無瀬駅前店

長谷川

075-961-6118
OPEN
 平日 10:00〜
CLOSE
平日〜22:00
<土日祝 短縮しています>

月別
検索フォーム
RSSリンクの表示