FC2ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本が人を、人が本をつれてくる

僕は本をつくりたい。

「僕は本をつくりたい。」 荒木スミシ 著 (ノンカフェブックス)

小説家、荒木スミシが病に倒れながらも「ノンカフェブックス」というインディーズ出版社を
自ら立ち上げるまでのただならぬ日々を、真っ直ぐな言葉で綴ったノンフィクション。
何もないところからはじめること、その闘い方、アイデアがつまっています。
本を作りたい人に限らず、新しく何かをはじめる人に勇気を与えてくれる一冊です。

また、90年代から今日まで発表してきた作品を自ら再構築し、新たな作品に仕上げた、
著者集大成となる小説「ケーキのためのパインがない」も並びます。
90年代のあの空気からはじまる物語、手に取ってみてください。




0611a.jpg               0611b.jpg
「黒旗水滸伝 大正地獄篇 1~4」(皓星社)      「スペクテイター VOL.25」
竹中労×かわぐちかいじ劇画コラボ作            特集”これからのコミュニティ”
革命家、テロリスト、美女、妖女、浪人、
快人、怪人が織りなす大正アナキズムの世界。

0611c.jpg        0611d.jpg
「どっとこ どうぶつえん」
PSソフト「IQ」のアートディレクションや明和電機の
グラフィックデザインなどを手がける中村至男の絵本。
荒いドットで表現されたどうぶつたち、あなたには何に見える!?
大人も欲しくなるグラフィカルなデザインと
子どもの反応を見てみたい想像力喚起する仕掛けが見事に融合した一冊です。



<日々>
本が人を、人が本を連れてくる。
どういうわけかそんなことが立て続けにあり
それが嬉しく、そしてとても忙しい日々が続いています。
じつは、まだもう少し、ご縁がありまして
いくつか素敵な本を、ご紹介できそうです。

ほんのちょっぴりでいいので興味を持ってみてください。
本を好きになった分だけ、本もあなたに寄り添ってくれるのです。



そう
7月に夏葉社から新しい本が出ます。
(夏葉社さんツイートより)
・・・・ 今日はお知らせが多いですが、最後に新刊の告知を。ただいま7月下旬の刊行に向けて、上林曉傑作随筆集『故郷の本箱』を制作しています。撰者はもちろん、山本善行さん! 文学の思い出にあふれる約30編。悪かろうはずがありません。関口良雄さんを描いた掌編も。どうぞご期待ください!  ・・・・

「星を撒いた街」に続く2冊目の随筆集ですね。前作ほんとうに沁みました。
また読めるのかと思うと幸せですね。
ご予約、承っております。いつでもお申し付けくださいませ。
続報、入り次第お知らせいたします。


店頭の特集を2つほどはじめました。
よかったら下の方の記事ものぞいてみてください。

それではまた。

Trackback

Trackback URL
http://walkingreader.blog60.fc2.com/tb.php/429-209e6c3d

Comment

Comment Form
公開設定

TweetsWind
new
リンク
カテゴリ
人 (0)
長谷川書店 水無瀬駅前店

長谷川

075-961-6118
OPEN
 平日 10:00〜
CLOSE
平日〜22:00
<土日祝 短縮しています>

月別
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。