スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋和枝「さよならのあとで」挿絵展

高橋和枝「さよならのあとで」挿絵展
             10.6 - 10.31

IMG_7211.jpg
※さよならのあとでがうまれるまでに作られた試作や未使用の押絵も展示しています。


「さよならのあとで」のために描かれた高橋さんの絵を見ていると
何気ない日々の営みや
たわいもない会話、それらすべてが限られたものだという
思いに立たされます。
風に揺れる青草のように
はかなくて、かけがえのない何かは、
きっとこれからもわたしのいない世界に
つづいていくのだと。
いまここにあることが、隣人が、愛おしくなります。

夏葉社の詩集「さよならのあとで」がどのようにして生まれたのかは
「あしたから出版社」(晶文社)につづられていますので是非読んでください。
一冊の本が本という形を越えて
どうしてこんなに美しいのか。

ページをひらいてください。

とおいところから
やさしく
語りかける声。

愛はひかりのようです。


IMG_7214.jpg  IMG_7213.jpg

IMG_7212.jpg

自らのブログにアクセスできない状態がつづき
こちらでの告知ができずにいました。
いまごろのUPになって申し訳ありません。

展示は10/31(金)まで。
展示中の絵はお買い上げいただくこともできます。
是非あなたのたいせつなひとに。


IMG_7242.jpg

姫路のおひさまゆうびん舎さんでは
得地直美さんのオリジナルの絵がこちらも展示販売中です。
同じく10/31までです。
素敵な店主がお出迎えです。ぜひお立ち寄りください。

夏葉社5周年フェアも、両店にて今月末まで。
われわれが情熱を傾けすぎた夏葉社、
島田さんの等身パネルに是非メッセージを書き込んでください。
スポンサーサイト
TweetsWind
new
リンク
カテゴリ
人 (0)
長谷川書店 水無瀬駅前店

長谷川

075-961-6118
OPEN
 平日 10:00〜
CLOSE
平日〜22:00
<土日祝 短縮しています>

月別
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。