本屋おもしろいよ-って息を吹き込んでます。

0815a.jpg

「本屋図鑑」   < 絶賛発売中!

得地直美/絵 本屋図鑑編集部/文 (夏葉社)



30年以上本屋に立ち寄ることもなく、読書体験もほぼ皆無な人生でした。
いま本屋で働いて6年になります。
本屋暦6年は、そのまま読書暦も6年といって差し支えなく。
人がなぜ本を読むのかを知ることから始まり、雑誌や書籍、文庫など本の種類を知ったり
本当に基本的なことから本の世界に踏み入りました。
お客さん一人一人がどんな本に興味を持っているのか観察する毎日。
どんな本が世の中にあるのか、ひたすら調べる毎日。
(その間にはさまざまな葛藤や、夢をいだきながら。)
6年。

気がつけば
むちゃくちゃ本屋が好きになっていました。
店に20時間いてしまうくらい好きになっていました。
新しい本と同じくらい昔からある本にもどきどきしました。
1冊1冊棚に並べて、お客さんがぜんぜんさわらなくてガックリしたり、
何度も置きかえて手にとってもらえたら飛び跳ねるように喜びました。

本を好きな人に会うと
もっと本が好きになりました。
本をつくる人を知るようになると
ますます本が好きになりました。
他所の本屋さんにいくと
同じように気持ちのこもった本が活き活きと並んでいて
嬉しくなりました。
同業の人に会うとどうもみんなおなじ病気のようでした。

どんどん本が好きになって
どんな本棚をみても飽きることがなくなって
本を手にとっている人や、本棚を眺めている人を見るのが好きになって
本の話をする人も、本の話も大好きになりました。
毎月コロコロを買いに来るこどもたちはいつだってキラキラまぶしくって・・・。

こんなふうに
本屋を好きな理由はいくら書いても書ききれない。
本屋はそれだけ魅力的な場所なのです。


本屋図鑑。
もう読まれましたでしょうか。

わたしたちの暮らしの中にある、もしくはかつてあった本屋さんの
魅力がぎっしり詰まった、本屋さんのことをもっともっと知って楽しめる図鑑です。
この本を作ったのは
一人出版社夏葉社の島田さんと
ブログ空犬通信で日々ほんと本屋の情報をあたたかく発信されている編集者の空犬さん。

筋金入りの本屋さん好きのお2人が、これまで温めてきた本屋への想いを
存分につめこんだ本書。
図鑑というフラットなつくりの中にあってもどのページも
それはもう本屋への愛でいっぱいです。
本書のために実際に訪ねた日本全国の本屋さん。
    (@mori0099さん作成の凄い!本屋図鑑地図はコチラ
メインではそれをもとに本屋のしくみや様々な立地の本屋さんを紹介しています。
ここは特定の魅力的な本屋さんがたくさん掲載されていてわくわくするパート。
ただ、同時に、その向こうにはみなさんのまちの身近な本屋さんが思い起こされます。
それはきっと本屋さん自体の魅力が書き出されているからに違いありません。
これぞ本屋図鑑なのです。
そのほか本屋の歴史や本屋さん用語集、書店員の一日、
本屋にまつわるコラムやインタビューなどどれも楽しくためになる内容です。

僕のような本屋好きは心射抜かれること請け合いです。
興味のある方には是非読んでもらいたいです。
・・・それと同じくらい
中学生や高校生、いつもの、ふつうのお客さんが、
「なんか面白そう」だなんて手に取ってくれたらすごく嬉しい。
いつもの本屋の楽しさにもっと触れてもらえたら嬉しい。
それから、本屋以外の近所のまちのお店なんかもあらためてのぞいて欲しいです。


最後に、、
棚に並ぶ本を一冊一冊まで描きこんだ得地直美さんのイラストが本当に素晴らしいです。
ずっと見ていても見飽きない。写真よりずっと本がそこにあるようで
自分がそこにいるようで、、
それは得地さんが1冊1冊本棚に並べたからかもしれません。
ひょっとして本をたくさん描いたキロクとしてもすごいお仕事だったかもしれませんね。
本が喜んでいますよ!得地書店さま。

最後の最後に、、、
駅前の書店という形で当店を取材してくださった本屋図鑑編集部の方々に心から感謝を。
僕(だけではないと思います)の中にあった本を手渡すことや、本屋への想いがどーっと溢れてこの本でいっぱい泣きました!これからもいい本作り続けてください!

夏葉社さんのHP
空犬さんのブログ空犬通信
得地直美さんのサイト ブログに新しい記事がありました。
 
0811b.jpg
夏葉社の本。
ハズレなし。海外文学、小説も随筆も詩集も、どれもほんまにいいです。


0812b.jpg 0812c.jpg 0812a.jpg

0810d.jpg 0810b.jpg


0811a.jpg
「八月のフルート奏者」     
   
   笹井宏之/著 (書肆侃侃房 )

今はなき若き歌人 笹井宏之さんの第3歌集が8/1発刊されました。笹井さんの誕生日でした。
生前パソコンの中に書き溜めていた2000首をこえる作品から加藤治郎、東直子による選歌
395首と”あとがき”にかえて詩「安息の椅子」が掲載されています。
命に色や音があるようです。

0810a.jpg 0810e.jpg

0730c.jpg 0730a.jpg


--------------------------

日々

本屋図鑑の紹介。
もう他所ですばらしい記事をたくさん見てしまって
なかなか書けませんでした。
長い長い駄文ですがへたもとでやるしかないのでス。お許しください。


ナツヨムの文庫フェアを更新しました。
帯を新しく巻きなおし
おすすめ作品には新しい顔。地元の友人にも参加してもらいました。
最後の一冊は夏の海が舞台のお話です。
ぼくからもオススメです。夏のうちに是非読んでみてください。
0815b.jpg








0730e.jpg
店内の植物は
近所のyumi's flowersさんのもの。
植物と本はとてもなかがいいのです。
ブログ長く更新されていませんが素敵な草花がいっぱいです。
TweetsWind
new
リンク
カテゴリ
人 (0)
長谷川書店 水無瀬駅前店

長谷川

075-961-6118
OPEN
 平日 10:00〜
CLOSE
平日〜22:00
<土日祝 短縮しています>

月別
検索フォーム
RSSリンクの表示