スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予約受付中◎世田谷ピンポンズ 水無瀬の夜 2『COME BACK FOLKツアー ~大阪篇~』


20160515021735046.jpg


世田谷ピンポンズ ライブ 『COME BACK FOLKツアー ~水無瀬の夜 2~』

京都在住のフォークシンガー世田谷ピンポンズ。
待望のライブです。

世田谷ピンポンズさんは
くせになる独特な歌声と歌いまわし、
生き辛さと生きる意志を感じさせる等身大のうたが魅力です。

恋愛のこと、震災のこと、身近な人との別れ。
町について、夢について。
くじけそうな不安な心に、彼のありのままもがくような歌がじんと響きます。


YOUTUBEからいくつか貼り付けておきますので
一度聴いてもらえたらと思います。


「庭」


「ラヴホテル」


「グッドバイ」



いろいろ聴いてみてください。
彼は古本屋や文学、漫画もすきでそういったものに由来した歌も多く歌っていることもあり本屋という場所によく似合います。

今回
当店のようなふつうの町の本屋でやっていただける機会はありがたく
広くたくさんのかたに身近に感じて楽しんでもらえたら嬉しいです。

大根のささったスーパーの袋を下げたまま、近所歩きのツッカケでふらっとお越しください。



★当日飲み物の持ち込み自由にします(こぼしたらひっかけた本は買ってください笑)
トークも不思議な間で独特の面白さがあります。お好みで軽くのみながら楽しんでください。



20160521153726287.jpg


6/20(月)〜30(木)まで
ピンポンズさんのアートワークを手がけているイラストレーターwacaさんの作品展も同時開催です。
ピンポンズさんのCDジャケットの原画やオリジナル作品に囲まれてのライブをお楽しみ下さい。
(CDや新しいグッズの販売もあります)

⚫︎○⚫︎○⚫︎○⚫︎○⚫︎○⚫︎○⚫︎○⚫︎○⚫︎○⚫︎○⚫︎○⚫︎○⚫︎○⚫︎○⚫︎○

世田谷ピンポンズ 『COME BACK FOLKツアー』

2016年6月25日(土)《イラスト展6月20日〜年6月30日)

開場19:00

開演19:30

¥1500  <追加特典!7月発売のニューアルバムからのデモCDつき(3パターンから1枚)>

⚫︎○⚫︎○⚫︎○⚫︎○⚫︎○⚫︎○⚫︎○⚫︎○⚫︎○⚫︎○⚫︎○⚫︎

ご予約はこちらまで!

お電話:075-961-1560(長谷川書店)
メール: utatanebookss◇yahoo.co.jp(◇を@にしてください)
ピンポンズさんへ:setagayapingpongz◇yahoo.co.jp

※参加人数、お名前、ご連絡先をお伝えください。

たくさん たくさん お待ちしております!
1年半前の水無瀬の夜にお越しいただいた方ともまたお会いできたら嬉しい本屋です。

場所:
長谷川書店 水無瀬駅前店
大阪府三島郡島本町水無瀬1-708-8
スポンサーサイト

お墓参りと第6回夜がらす忌のご案内

20160401023452653.jpg
昨年末、うらたじゅん鉛筆画展  ~川崎彰彦『くぬぎ丘雑記』の挿絵と思い出~
及び、トークセッション 『川崎彰彦さんの思い出』に、ご参加、ご協力いただきました皆様へ。

その節は大変お世話になりました。
このほど川崎彰彦さんのお弟子にあたり、同人黄色い潜水艦を発行されている島田勢津子さまより
川崎彰彦さんを偲んで毎年とり行われている「夜がらす忌」とお墓参りへのご案内をいただきましたので
お知らせをさせていただきます。

ご一読いただき、ご縁のある方へのお誘いをふくめ、ご参加ご検討くださると幸いです。

以下に添付いたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

桜の季節が近づいてきました。川崎彰彦を偲ぶ「夜がらす忌」とお墓参りのご案内です。
今年の夜がらす忌は、川崎彰彦の七回忌になりますので、墓前の法要、お参りの後、お食事をしながら皆でお話する場とします。これまでの報告も少し。あとは、川崎さんを偲んで皆さんでゆっくり語らいましょう。
札幌の中野朗さんが「川崎彰彦傑作撰」を出版されます。当日持参される予定です。
お食事の都合がありますので、3月中に出欠をお知らせください。
途中から参加の方は直接会場へお越しください。ご参加をお待ちしています。

4月9日(土)
 
11時 お墓参り 極楽寺集合 お墓参り 七回忌法要
    ☆近鉄九条駅から徒歩15分
案内の必要な方は10時40分までに九条駅改札前あたり。申し込み時にお知らせください。
11時30分 ~ 12時  極楽寺 から 徒歩でカフェプラチナ(旧サンライフ)へ 

夜がらす忌  カフェプラチナ(旧サンライフ)

12時~ お食事と歓談
      
15時ごろ~郡山城址でお花見            

☆会費 2500円(飲食代含む)

カフェプラチナ(旧サンライフ)
近鉄郡山駅から徒歩15分または 奈良交通矢田寺前行き バス停「郡山天理教」下車 
レストランLe Benkei の向かい 
大和郡山市北郡山町695-20    ☎0743 85 7303

☆お花見に行く方は、飲み物、敷物など各自持参。
 
事務局  当銘広子 島田勢津子 三輪正道

問い合わせ先 setu926yama●gmail.com   ●を@に 変えてください。

キラナコラナと音楽会 出演者紹介


20160316081438b1a.jpg

umamo
futa9082では、ギター・ボーカルを担当。

歌ったりギター弾いたりします。
好きな映画はバックトゥザフューチャーです。
よろしくお願いします。








20160316081439bb9.jpg

安田莉沙トリオ
(gt.貝つぶ、tr.dr.バチカ)

2013年女の子とユニット結成。
何となくやめて1人で弾き語りをはじめる。
ギターが弾けないので、昔習っていたピアノを弾く。
トリオは一緒にしようーとお声かけた方たちです。

安田莉沙トリオ「ほとり」▷sound cloud 試聴






20160316081440801.jpg

桂悠介 from O:MISO Station

キナラコナラきたらいつも こんがらがった頭 一から
2007年頃より断続的に西アフリカにいって野菜を植えたり映像をとったりしています。
好きな映画はバックトゥーザフューチャー2です。
よろしくお願いします。

映像上映『天国のコーヒーと地上のパーティ』 25分



西アフリカ、セネガルの首都ダカールにある小さなコーヒー屋さん。
ここではセネガル特有の「カフェ・トゥーバ」と呼ばれる、独特な香りのコーヒーが売られている。
トゥーバとはアラビア語で「祝福」を意味し、また「天国にある木」の名前としても知られている。ここに集まる若者たちは週に数回預言者や神を讃える詩を学び歌う。
そして時折ミュージシャンを呼び「チャント」と呼ばれるパーティを企画する。
コーヒーから音楽まであらゆる場面で神につながるセネガルの若者たちの日常。


◇miraihajime 企画、BGM

「キラナコラナと音楽会」

20160307072435eb5.jpg

「キラナコラナと音楽会」+映像上演『天国のコーヒーと地上のパーティ』
3月26日 19:00〜

BGM、企画のmiraihajimeは、以前当店で働いていた町在住のミュージシャン。
与那国島生活、インド暮らしとひとところに収まらず。世界のあらゆる音楽への愛で活動中。
「キラナコラナと音楽会」はおすすめのミュージシャンを招いての音楽会です。
いい音楽をたくさん聴かせてくれると思いますので
是非ご参加ください。


追加企画として映像上映も加わりました。

『天国のコーヒーと地上のパーティ』
西アフリカ、セネガルの首都ダカールにある小さなコーヒー屋さん。
ここではセネガル特有の「カフェ・トゥーバ」と呼ばれる、独特な香りのコーヒーが売られている。
トゥーバとはアラビア語で「祝福」を意味し、また「天国にある木」の名前としても知られている。ここに集まる若者たちは週に数回預言者や神を讃える詩を学び歌う。
そして時折ミュージシャンを呼び「チャント」と呼ばれるパーティを企画する。
コーヒーから音楽まであらゆる場面で神につながるセネガルの若者たちの日常。
(桂悠介 from o:miso station(映像上映))

予告編 ←上映作品の視聴です。クリックしてください

当日は「カフェ・トゥーバ」の試飲も予定しています。


そして高校生以下の方は無料です。
ああこんな世界もあるのか、と来てもらいたいとのことですので
是非お知らせお誘いください。
ライブ2時間半+映像上映(::::分)ほどを予定しています。


出演
umamo
安田莉沙トリオ(gt.貝つぶ tp.br.バチカ)
桂悠介 from o:miso station(映像上映)

BGM
miraihajime

2016年3月26日(土)
19:00スタート
1500円(高校生以下無料)

長谷川書店 水無瀬駅前店
(阪急水無瀬駅下車 目の前、JR島本駅下車徒歩10分)

大阪府三島郡島本町水無瀬1ー708ー8

お問い合わせ、お申込みは
075-961-1560
utatanebookss@yahoo.co.jp
でも承っております
お名前と人数(高校生以下はその旨も)
ご連絡先をお伝えください

森元暢之原画展 『長谷川書店でポロリ』 2016年1月19日~2月28日

森元さんチラシ

◆森元暢之原画展 『長谷川書店でポロリ』
2016年1月19日(火)~2月28日(日)
長谷川書店水無瀬駅前店で漫画家・森元暢之さんの原画展を開催します。

2014年冬に刊行された「森元暢之作品集(1)『ぴあ』の時代Ⅰ」。1992年から1994年まで『ぴあ 関西版』に掲載されていた漫画51話を収録した作品集から、掲載作品他原画の数々を展示します。2016年はじめに刊行予定の2巻に収録の原画もポロリと見せます。

当店店員もまだ現物は見ていないのですが、原画は修正のない緻密で完璧なものだそう。今から見るのが楽しみでなりません。書籍を購入された方にもぜひ実物をご覧いただきたいです。

現在発売中の1巻と、2015年はじめに発売予定の2巻も当店で販売いたします。
森元さんのファンの方も、「ぴあ」連載当時に愛読されていた方も、ぜひこの機会にご来場ください。


さらに 1月30日には
大寒紙芝居

森元暢之さん自作の紙芝居を、たらすな氏のギター伴奏付きでご本人が演じる
◆森元暢之紙芝居 『大寒紙芝居の夜』
2016年1月30日 19:30開演(終了は21:30頃)
木戸銭 1000円
「『ぴあ』の時代Ⅰ」では控え目だった森元暢之漫画の耽美でエロチックな世界が紙芝居で表現されています。たらすなさんの抒情的なギターと森元さんの迫真の語りが見どころです。

一年ほど前に「子どもが見たら泣くような紙芝居」という話を聞いてどのようなものなのだろう…とドキドキしながら森元さんの紙芝居を見に行きました。確かに泣くかもしれません。お誘いくださった方が「森元さんは存在自体が芸術」とおっしゃっていたのですが、紙芝居を見ればきっとそれがお分かりいただけると思います。

当日は紙芝居を絵葉書にした絵葉書の販売もございます。セットでご購入いただくとご自宅でも紙芝居ができるように別紙ナレーションがついているという驚きの商品です。

ぴあ掲載の漫画を読まれてほかの作品は未読という方は、こちらからも少し読むことができます。↓
http://ideanews.jp/archives/2603
http://ideanews.jp/archives/2240

また、ただいま絶版になっている「Nobaraーオチンポ博士の以上な愛情 森元暢之作品集」(凄まじいタイトルですね)をお隣大山崎町にある書斎カフェ Secret Guardian Ⅱさんに置いてもらっています。お読みになったことのない方はおいしいお茶とともにお楽しみください。こちらのお店も妖しい雰囲気に入るのを躊躇われる方がいらっしゃるようですが、大変気さくなメイドさんがお迎えして下さるのでどうぞご安心してお訪ねください。

Secret Guardian Ⅱ
不思議な図書館 書斎カフェ
京都府乙訓郡大山崎町大山崎茶屋前2-7
定 休 日:日、月曜日
営業時間:11時〜20時
詳細はホームページかブログでご確認ください。↓
http://www.kyoto.zaq.ne.jp/dkjiz106/
http://secretg2.exblog.jp/

年末年始の営業時間

20151231184055f32.jpg
12/31 10:00〜19:00頃

1/1 お休み
1/2 12:00〜18:00
1/3 12:00〜18:00
1/4 10:00〜20:00
1/5 通常営業

みなさま今年はどんな本や人とめぐりあえたでしょうか。
大晦日に抱えて眠る本はなんでしょうか。(私は山崎ナオコーラさんの『かわいい夫』で年越しです)
そんなことを想像するだけでうれしい本屋です。

みなさまのおかげでまたひとつ年を越すことができました。
言葉にすると嘘っぽく聞こえますが
おひとりおひとりが来てくださる、その喜びでつづいています。
本当に感謝です。

まだまだ楽しい本をご紹介できるように頑張りますので
どうぞ新年もお付き合いくださいませ。
みなさま
よい年末年始を。

森元暢之紙芝居 『大寒紙芝居の夜』 2016年1月30日

大寒紙芝居
ガロ出身の漫画家・森元暢之さん自作の紙芝居を、たらすな氏のギター伴奏付きでご本人が演じる
◆森元暢之紙芝居 『大寒紙芝居の夜』
2016年1月30日 19:30開演(終了は21:30頃)
木戸銭 1000円 
※要予約 定員20名

「『ぴあ』の時代Ⅰ」では控え目だった森元暢之漫画の耽美でエロチックな世界が紙芝居で表現されています。たらすなさんの抒情的なギターと森元さんの迫真の語りが見どころです。

「子どもが見たら泣くような紙芝居」という話を聞いて一体どのようなものなのだろう…とドキドキしながら森元さんの紙芝居を見に行ったのが一年ほど前のこと。確かに子どもは泣くかもしれません。お誘いくださった方が「森元さんは存在自体が芸術」とおっしゃっていたのですが、紙芝居を見ればきっとそれがお分かりいただけると思います。

当日は紙芝居を絵葉書にした絵葉書の販売もございます。セットでご購入いただくとご自宅でも紙芝居ができるように別紙ナレーションがついているという驚きの商品です。

-----------
お申込みは
メール: utatanebookss△yahoo.co.jp (△を@に)
お電話:075-961-1560
長谷川書店 水無瀬駅前店
大阪府三島郡島本町水無瀬1-708-8
http://walkingreader.blog60.fc2.com/
(森元暢之 紙芝居)まで
お名前とご連絡先をお伝えください。
-----------

「森元暢之作品集(1)『ぴあ』の時代Ⅰ」を出版されている湯気カンパニーさんのブログはこちらです。
http://yugecompany.blogspot.jp/

ぴあ掲載の漫画を読まれてほかの作品は未読という方は、こちらからも少し読むことができます。
http://ideanews.jp/archives/2603
http://ideanews.jp/archives/2240

★また、ただいま絶版になってい「Nobaraーオチンポ博士の以上な愛情 森元暢之作品集」(凄まじいタイトルですね)をお隣大山崎町にある書斎カフェ Secret Guardian Ⅱさんに置いてもらっています。お読みになったことのない方はおいしいお茶とともにお楽しみください。こちらのお店も妖しい雰囲気に入るのを躊躇われる方がいらっしゃるようですが、大変気さくなメイドさんがお迎えして下さるのでどうぞご安心してお訪ねください。
Secret Guardian Ⅱ
不思議な図書館 書斎カフェ
京都府乙訓郡大山崎町大山崎茶屋前2-7
定 休 日:日、月曜日
営業時間:11時~20時
詳細はホームページかブログでご確認ください。
http://www.kyoto.zaq.ne.jp/dkjiz106/
http://secretg2.exblog.jp/

拝啓 のほほんのみなさま

のほほんのみなさま こんにちわ。

先日いたらない司会をしたハセガワです。
その後いかがお過ごしでしょうか。

私はトークパートや進行の不備で西尾さんや皆さんを困らせたことが堪えて
あれからしばしずーんと凹んで考え込んでいました。

じーと考えて

うーと考えて

考えて考えたその先に

なんとなく
のほほん
が見えてきました。(ような気がします)



それからは

どんと仕事の山がそびえても 楽しいルートを見つけて 景色を楽しみながら登れるようになりました。

ゆっくり大事なものを眺める時間がふえました。

中身が減ってカバンが小さくなりました。

畑や原っぱを見かけるようになりました。

遅刻が少しふえました(笑

本が読めるようになりました。

あまりこどもを叱らなくなりました。

たくさん話すようになりました。


ちいさな声がきこえるようになりました。




のほほん は
なにもしない というよりは

余計なことをしないこと
かな
という言葉を西尾さんはおっしゃっていました。


のほほんはずっとつづいているようで

詩のこと
お茶のこと
どんぐりのこと

ぐるぐる
ぼんやりかんがえます。


みなさまの
日々のすきまにも
のほん ほほん とゆっくり響きますように。


西尾勝彦さんのブログ 粥彦 にて
水無瀬のほほん散歩 はつづいています。

のほほんトークの のほほん茶

にほんちゃぎゃらりーおかむらさんが
のほほんトークで淹れてくださった のほほん茶のこと。

私の拙い紹介ですが
ほっこり思い出しながらいま一度。



お茶は全部で3種類いただきました。

ウェルカム茶は
奈良の釜で炒ったほっこりするお茶。

つづいて
宮崎のふんわりしたお茶。

最後に
静岡の華やかなお茶をいただきました。

宮崎のお茶はこの時に合わせ農家さんから仕入れてくださっていて、先方の訛りが強くて
やり取りに苦労したと楽しく説明してくれました。

岡村さんの活動の原点は
トークイベントで参加者の方からの質問に答えていたように
お茶の味やブランドではなく
作り手の想いをのせ、心に届けるはたらきだと思います。

農家の方が心をこめてつくられたお茶
美味しくないわけありません。
そう岡村さんはおっしゃいます。


さて
のほほんの先にも
おいしいお茶の会があります。

近くは12/5土曜日

『米屋さんのおにぎり茶会』
地元島本町で創業70年以上という辻井米穀店3代目、辻井達さんによるお米のこと米の話。

にほんちゃぎゃらりーおかむらさんは茶とお茶の話を添えられます。
場所:辻井米穀店(大阪府三島郡島本町山崎3-3-8) 駐車場なし
1部14:30~
2部16:15~
絶品塩おにぎり2個と4種のお茶付き
1300円

詳しいこと
お申し込みは
にほんちゃぎゃらりーおかむらさん
フェイスブックで公開されています。
当店でも取次させていただきます。
お子さん連れも多いとか。
みなさま是非。

うらたじゅん鉛筆画展 12月1日~1月15日

FullSizeRender1.jpg
◆うらたじゅん鉛筆画展    
~川崎彰彦『くぬぎ丘雑記』の挿絵と思い出~
12/1(火)~1/15(金)

川崎彰彦『くぬぎ丘雑記』(2002年/宇多出版企画)収録の鉛筆画に加え、当企画にあわせた新作も展示しております。(今回はすべて非売となっております)

奈良の町家カフェまめすず・ちちろさん2Fで展示されていた『くぬぎ丘雑記』の原画を当店でも見ていただく機会をいただきました。
なんと嬉しいことでしょうか、今回描きおろしていただいた新作もございます、
うらたじゅんさんの絵に触れるのが初めての方にも、往年のファンの方にもご来店いただけると幸いです。
うらたじゅんさんの漫画作品も可能なものは取りそろえてお待ちしておりますので是非手に取ってください。。

FullSizeRender.jpg
---うらたさんの絵や作品とあわせて。

また、今回の展示へ至る際に紹介していただいた川崎彰彦さんの作品『よがらすの記』や『合図』が本当に素晴らしく心を離しません。
川崎彰彦さんの作品やその眼差しに、ひとりでも新しい読者に出逢っていただきたいという思いも重ね、『くぬぎ丘雑記』はもちろん非売のものも含んでしまうかもしれませんが微力ながら関連書籍のいくつかを揃えるました。是非あわせてご覧ください。

そして、12/13にはなんと

◆トーク  <要予約 800円>
宇多滋樹×うらたじゅん 『川崎彰彦さんの思い出』
12/13(日) 18:00~19:00ごろ

『くぬぎ丘雑記』の発行人である宇多滋樹さんと、挿絵を担当されたうらたじゅんさんによる
トークセッションです。
『くぬぎ丘雑記』よりも遡って川崎彰彦さんと親交のあったお二方にしか語りえない
川崎彰彦さんの姿を””思い出話”という形でお話しいただきます。

うらたじゅんさんのファンの方、宇多滋樹さんのファンの方、川崎彰彦さんのファンの方
中には映画でご興味を持った方や、よくわからないけれど気になった方など、
なんといっても日用の町の本屋ですので、これを機会に知っていただけることも大変うれしいです。
奮ってご参加ください。

-----------
お申込みは
メール: utatanebookss△yahoo.co.jp (△を@に)
お電話:075-961-1560
長谷川書店 水無瀬駅前店
大阪府三島郡島本町水無瀬1-708-8

(宇多滋樹xうらたじゅん トーク)まで
お名前とご連絡先をお伝えください。
-----------
→ うらたじゅんの道草日記
→ オフィシャルWEBサイト

宇多滋樹:(1946年-)
大阪生まれ。地方新聞社・業界紙・出版社に勤め、編集・レイアウト・ライターの仕事に長年携わる。現在は奈良旧市街でスイーツとうどんの店「まめすず・ちちろ」を共同経営しながら、フリーで本の執筆、編集に携わっている。また、2007年カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した、河瀬直美監督「殯の森」に主演した。

うらたじゅん:(1954年-)
大阪生まれ。『幻燈』『ガロ』でマンガ家として全国誌デビュー。作品集に『眞夏の夜の二十面相』『嵐電』、新刊『冬のプラネタリウム』(いずれも北冬書房)。イラスト担当本に『くぬぎ丘雑記』の他、『貸本マンガRETURNS』(貸本マンガ史研究会/ポプラ社)、『朝顔男』(唐十郎/中央公論新社)などがある。

川崎彰彦:(1933-2010)
群馬県生まれ。58年早稲田大学第一文学部露文科卒。在学中は五木寛之氏、三木卓氏らと文学活動を共にする。卒業と同時に北海道新聞社入社。63年、小説「まるい世界」で第3回新日本文学賞佳作。67年、北海道新聞社退社と同時に文学活動に入る。著書に『まるい世界』『わが風土抄』『虫魚図』『夜ガラスの記』『冬晴れ』(編集工房ノア)、『くぬぎ丘雑記』(奈良新聞連載、宇多出版企画)、『ぼくの早稲田時代』(右文書院)がある。

11/7 西尾勝彦x長谷川 「水無瀬のほほんトーク」 

奈良の詩人、西尾勝彦さんをお招きして
のほほんとしたトークをします。
西尾さんのことば(詩)や、森に住まう鹿のような存在は
何とも言えない遅さを携えていてとても魅力的です。
お話し会ではそんな西尾さんの空気を感じながら
みなさんでおもいきりのほほんとできたら、、、と思っています。
もちろん西尾さんによる詩の朗読もありますので楽しみにしていてください。


11/7(土曜日) 長谷川書店水無瀬駅前店にて
19時から1時間ほど

地元島本で日本茶の活動をされている
にほんちゃぎゃらりーおかむらさんのお茶をいただきながら。
のんびり、ぼんやり過ごしましょう。
※ご参加は満席となり締め切らせていただきました。
ありがとうございました。




西尾勝彦

ひっそり、詩を書いて暮らしている。詩集『フタを開ける』(書肆山田)、
『朝のはじまり』、『言の森』、『耳の人』(ブックロア)、旅人と詩人の
雑誌「八月の水」編集人。
フリーペーパー「粥彦」発行人。


+ Read More

OSAKA BOOK FESTA+2015 参加中

まちライブラリー
OSAKA BOOK FESTA+2015 (4/18(土)~5/17(日)

実は、参加中させていただいております。
きょ、今日からスタートで、今初めての告知です。。。!
ゆるゆるとやっていますので、お暇な方、お付き合いくださいませ~

当店では、
まちの人に本をお借りして、ちいさなちいさな図書館コーナーを設けております。
本を借りていただいた後、返却時に本の感想を付けてお返しいただくと
記念のお宝をプレゼントしています。
何の役にも立たないものですが中身はゲットしてのお楽しみとなっています。

また本を借りていただくときに、サイコロを振って
キャラクターを進めてゴールを目指すスゴロクもやっています。

何のこっちゃですがあまり意味はありません。
みんなでゴールを目指して本を借りてください。
最後何かしらの小さなアクションが待ち受けています。(たぶん)

関西地区?139ヶ所で260ものイベントがあります。
イベント情報にアクセスしてあの場所のあのイベントに遊びに行ってみてくださいね!


2/14 世田谷ピンポンズ ライブ in 長谷川書店

IMG_8280.jpg

この度ご縁をいただきまして
京都在住のフォーク歌手、”世田谷ピンポンズ”さんに
ちっこい本屋の片隅でギター一本、歌ってもらえることになりました!
しかも、、しかもの、、バレンタインです。。。

珈琲と、喫茶店と、ラーメン屋と、毛玉のついたベストとそして古い本の似合う(独断)ピンポンズさんの歌々。
オフィシャルサイトやYOUTUBEにも上がっていますのでご一聴ください。)
楽曲のなかに、上林暁の「星を撒いた街」の世界を歌ったものがあったり
本好きの方にもきっと気に入ってもらえると思います。
去年5周年を迎えた夏葉社の「夏葉社まつり」にも出演。
東京まで行けなかった方、もう一度聴きたいという方も是非きてください。

このライブを機会にピンポンズさんに出会っていただけたら嬉しいです。
きっといい夜になります!


世田谷ピンポンズ インブックストア ライブ

   『水瀬の夜は今。』


2015年2月14日(土) 

長谷川書店 水無瀬駅前店
(大阪 阪急水瀬駅下車 目の前)
(JR島本駅下車 徒歩10分)

開演20:30~
店内が狭いため、立ち見も含みます、ご了承くださいませ。
料金¥1000

ピンポンズさん書き下ろし 特典ペーパー配布あり!
当日19時30分頃より、地元の焙煎珈琲”大山崎COFFEE ROASTERS”さんのプチ出店あり!

ご予約席は埋まりましたが、
立ち見でも見たい!聴きたい!というかた
ぜひぜひご予約、ご来店くださいませ!!

ご予約は当店(075-961-1560 utatanebookss@yahoo.co.jp)
ツイッターでも結構です!!

もしくは
世田谷ピンポンズ オフィシャルWEBサイト まで
http://setapon.boy.jp/

-------------
世田谷ピンポンズ

1984年5月11日 おうし座 A型
京都在住。
懐かしくも新しいその歌は「六畳半フォーク」と呼ばれたり、呼ばれなかったりする。
企画「おばけ少年の集い」主催。(サイトより転載)
-------------
◆世田谷ピンポンズさんのCD全作品入荷しました!
IMG_8278.jpg
「H荘の青春」
「天井の染みを数えている間に」 ◆特典ポストカード
「紅い花」
 <2015.1.21リリース>
「アナタが綴る世界」 詩 又吉直樹 曲 世田谷ピンポンズ  ◆特典ノート

  是非てにとって聴いてください!

久しぶりの更新は新年のあいさつから

新年あけましておめでとうございます
本年も明るく笑って本屋をつづけてまいります。
本とこの場所を通じて是非わたしたちと一緒に楽しんでください。
どうぞよろしくお願い申し上げます。



ここから雑談。
それにしても
昨年はぜんぜんブログを書かないし書けないまま終えてしまいました。

単純にそうした時間も作れなかったし
体はもちろん気持ちもなんだかどんどん店に密着してきて
目の前のお客さんのこと、ひとりひとりとの時間が
いちばん大切な気がして、それがいまでも続いています。

なにが正しいかはわからないけれど
たくさんの出会いやその時の示す方へ
愉快なスタッフと一緒に今年も漕いでいきます。


ブログ、
マイペースに再開したいなぁと思い立っています。
紹介したい本や作家さん、いろんな方の活動のことお話したいです。

ブログを書いていた自宅からログインできない症状は結局直らなかったので
お引越ししてまたぼちぼちとはじめます。
お正月の間にできたらいいな。
TweetsWind
new
リンク
カテゴリ
人 (0)
長谷川書店 水無瀬駅前店

075-961-6118
OPEN
 平日 10:00〜
CLOSE
平日〜22:00
<土日祝 短縮しています>

月別
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。